通信制高校からでも大学へ進学できる?行った方が良い対策は?

大学生とキャンパス

通信制高校を検討している人が気になるのは、無事に大学進学ができるかどうかではないでしょうか。

将来的に就職活動をする際に、大学を卒業しているとやはり有利だと考える人は多いと思います。もし通信制高校からの大学進学が難しければ、通信制高校には行きたくない(行かせたくない)と考えている人も多いでしょう。

そこで、このページでは通信制高校から大学へ進学することは可能なのかについて説明していきます。

大学進学のことを考えると通信制高校に行く(行かせる)のは不安、という方はぜひ参考にしてみてください。

進学率は普通の全日制高校より低い

絵馬

学校基本調査によると、全日制高校からの進学者は約55%ほどであったのに対し、通信制高校からの進学者は約17%ほどと、有意の差が見られました。

これには様々な理由があります。まず考えられるのは、多くの人が想像する通り学力不足です。

通信制高校は何らかの事情で全日制高校に通うことができなくなってしまった生徒の受け皿としても機能しているため、毎日のスクーリングができないような生徒も一定数在籍しています。

そういう生徒のために通信制高校では基礎的な内容を中心に授業をしていることがありますし、生徒にもスクーリングがない日に学習を進められないタイプの人もいます。そうした場合、全日制高校の生徒たちに比べて学習の進み具合が遅くなることが十分に考えられます。

そのため、通信制高校から大学進学を目指す場合、意識的・意欲的に学習を進めていく必要があるというのは真実でしょう。

通信制高校には大学進学を目指さない人もいる

ただ、学力の差によってこれだけ進学率に違いが出ているわけではありません。

統計のマジックとも言えますが、通信制高校は全日制高校に比べてそもそも大学進学を目指していない人の割合が多いと考えられるので、ここまで数字が開くのも不思議ではありません。

例えば下記のような人は、全日制高校よりも通信制高校の方に多く在籍しているでしょう。

  • 芸能活動やスポーツ活動、アーティスト活動のために通信制高校に通っている人
  • 中卒で働き始めたが、高卒認定が欲しい社会人

こうした人たちは、たとえ大学へ入学できる能力があったとしても、大学進学を選びません。

そうした人たちを除くと、「大学進学を目指していて大学へ進学できた人」の割合というのはもう少し上がるのではないかと考えられます。

まとめると、「全日制高校と比べると進学率は落ちるが、実態は数字で見るほど低くはない」といったところでしょうか。

通信制高校から大学進学するための対策

全日制高校よりも進学率が低いからといって、通信制高校からの大学進学が不可能というわけではありません。

少しでも可能性を上げるためのポイントがいくつかありますので、紹介します。

進学に強い学校・コースを選ぶ

まずは何と言っても学校選びですね。大学進学をしっかりとサポートしてくれるような学校を選べば、進学できる可能性が上がることは言うまでもありません。コースも進学を目指したものを選んだ方が良いでしょう。

よほど自立した学生でない限りは、スクーリングの回数が少ないと勉強が止まってしまうので、可能であればスクーリングの多いコースを選ぶことをおすすめします。

例えば日本ウェルネス高等学校東京キャンパスには「週5日通学コース」があります。毎日登校することで勉強を習慣づけることができますし、希望者には大学受験対策も行ってくれるため、進学希望の生徒にはぴったりですね。

また、高校には進路指導の先生がいるものですが、通信制高校にいる進路指導の先生は通信制高校に通う生徒たちのことを良く分かった上でアドバイスをくれるので、積極的に相談してみると良いでしょう。

サポート校を利用する

通信制高校のカリキュラムだけでは勉強を習慣づけられなかったり、希望する大学へ入学するだけの学力が身に付かなそうだったりする学生のために、サポート校というものが存在します。

こちらを利用することで、通信制高校とは別で勉強するための環境を用意することができるので、進学可能性を上げることができるでしょう。

不登校を経験したような生徒に対するサポートもしっかりしているため、通信制高校だけでは不安という人はサポート校も同時に活用することを検討してみてはいかがでしょうか。

東京では中央高等学院などがサポート校として知られていますね。通信制高校とは別なのでその分料金がかかりますが、大学へ進学するための投資と捉えている家庭も多いようです。

学力以外での進学を狙うのも一つの方法

大学へ入学する方法は学力で入試を突破するだけではありません。スポーツやアート活動による推薦もあり得ますし、通信制高校によっては指定校推薦の枠を持っているところもあります。

基本的には学力を伸ばすのが大学進学の準備としては効果的ですが、一芸に秀でているタイプの学生なら推薦を狙ってみるのも良いでしょう。

通信制高校は自由に使える時間が多いところが特徴なので、その活動に時間を多く使うために通信制高校を選んだとアピールすれば、通信制高校に通っていたことがマイナスになることもほとんどありません。

まとめ:一番大切なのは学力を身に付けること

前項では通信制高校から大学進学を果たすために気を付けたいポイントを述べましたが、結局は学力を伸ばすのが大学進学では一番大事です。

通信制高校は全日制高校と比べて登校日数が少なく、分からないところがあっても先生に確認できるタイミングが限られています。また、スクーリングのない日は気を付けないと勉強をせずに過ごしてしまうこともあるでしょう。

だからこそ、日々計画的に学習を進めて、不明点はスクーリングの日にまとめて質問するなどの工夫が必要になってきます。大学卒業はステータスになりますので、進学したい気持ちがあるのであれば学力の向上を意識してみてください。

逆に、積極的に学習を進めることができる人にとっては、自由な時間が多い通信制高校はむしろ受験勉強に適した環境とも言えますね。自主性があるほど通信制高校のメリットを生かせるようになるでしょう。

通信制高校に通うことが必ずしも大学進学においてデメリットになる訳ではありません。自分が本当に学びたいことに時間を使えるというメリットを十分に生かすことで、推薦入試を狙うための実績を作れたり、大学受験にフォーカスして学習を進めたりすることもできます。

「通信制高校は進学が難しい」と思い込んでしまうことなく、大学進学に向けて上手に準備を進めていくのが良いのではないでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です